HAWK
それは異次元の制動力

 アメリカ製モータースポーツ用ブレーキパッドがいよいよ日本上陸!

About HAWK & SPIRIT

 株式会社スピリットパフォーマンスがアメリカから上陸したHAWK Performance社製ブレーキパッドの日本総発売元になりました。HAWK Performanceは世界中のストリートやモータースポーツの世界で活躍するアメリカ製のブレーキメーカーです。
株式会社スピリットパフォーマンスは車高調メーカーとしてコンフォートモデルからサーキットモデルまで幅広いカテゴリーの車高調に対応しております。この度、HAWK Performance製品の取扱を開始する事はアメリカ車のブレーキ・足回りの製品販売を以前より考えており、HAWK Performance社との販売に関する合意があり、総発売元をさせて頂くこととなりました。

Products

 数多くの摩擦材を展開するHAWKですが、まずは日本でStreetRace、HP Plus、DTC30、DTC60、DTC70の5種類の材質から販売を開始します。

Street Race

ローター適正温度域 40℃~650℃
初期のブレーキタッチはマイルドだが、奥まで踏み込めばしっかりと効く特性があります。ペダルフィーリングは柔らかめですが、
制動力が足りないように感じることは無く、コントロール幅の広いパッドを好むドライバーには非常に扱い易いパッドです。
奥まで踏み込んだ時の制動も直ぐに立ち上がります。

HP Plus

ローター適正温度域 40℃~430℃
初期タッチがバツグンに優れており、ABSの介入が少し早い事が大きな特長ですが踏力で調整可能です。
リニアなコントロール性も特長で、フィーリングは純正ブレーキパッドの延長線上にあるようなため、ビギナーでも安心して違和感の
ない制動力を発揮します。初期制動力の強さのお陰で少ない踏力で十分な制動を発揮するところも扱いやすさNo.1のブレーキパッドです。

DTC30

ローター適正温度域 40℃~650℃
全体的にマイルドなブレーキフィーリングながら制動力は高く、踏力に対してリニアに反応する特性があります。
コントロール性も良く、ABSの介入は遅く、ギリギリのラインでもコントロールはバツグンです。ヒール&トーもやりやすいことが特長で
86&BRZクラスの中量車クラスにはベストマッチします。

DTC60

ローター適正温度域 200℃~880℃
R35GT-Rのような重量車クラスのクルマでもしっかりと減速できて、中量車クラスではブレーキのリリースでほどよくコントロールできる
ハイグリップタイヤとのマッチングも非常に良いブレーキパッドです。

DTC70

ローター適正温度域 200℃~880℃
高次元の制動力を発揮しながら初期タッチがガツンと効くわけではなく、コントロール性も良好です。しかもABSのコントールも可能で
岡山国際サーキットではスリックタイヤを履いたトヨタ86での実戦テストも行っており、86・BRZからR35GT-Rまでオールマイティに
使用が可能なハイエンドモデルです。

Download HAWK catalog

英語版ですが、アメリカホーク社のカタログがダウンロードできます。

Visit Download Page

Matching List

Matching List 

ブレーキパッド適合表

Matching List

Contact US

メールでの対応は現在しておりません。お手数ですがお電話またはFAXでお問合せください。 

TEL 042-516-9550 FAX 042-516-9546

-プライバシーポリシー-